便秘とは 本文へジャンプ

便秘とは
「便秘」この言葉は、日常的に非常によく耳にする言葉ではないでしょうか。
では、どの様な状態になったときに便秘と言われるのか気になります。
このページでは、便秘になった状態や便秘の種類について紹介しています。


便秘って何?


便秘は、順調に排便が行われないことを言います。
「3日以上排便がない、または毎日排便があるが残便感がある」という時は、便秘と思ってもいいかもし
れません。
ですが、2〜3日おきの排便であっても、排便後に不快感や残便感などがない場合には便秘とは言われま
せん。
また、毎日排便しているけど、残便感が残っているときは便秘と診断されることがあります。

便秘になると身体に色々な症状が出てきます。
その症状として腹部膨満感や腹痛、吐き気などの症状が起こってきます。
これらの症状は、身体に不快感を及ぼすのでストレスなども貯まってしまいます。

便秘を解消するには、三食の食事を摂り、しっかりと水分を補給する事が重要になってきます。
また、食事の量が不足していると、腸壁に適度な刺激が与えられず便意が起こらなくなります。

その他にも、適度な運動を行うことも便秘の解消に役立ちます。

つまり、食生活や生活習慣を見直す事が大切です。

スポンサードリンク


機能性便秘とは



便秘と一言で言っても大きく分けて2つの種類に分類することができます。

その一つに機能性便秘と呼ばれるものがあります。
機能性便秘は、胃や小腸、大腸の機能が低下して起こる便秘です。

機能性便秘の分類

○一過性便秘・・・環境の変化が原因で起こる便秘。環境の変化に順応することで改善されます。

○習慣性便秘・・・食生活や生活習慣が原因で起こる便秘。

さらに、習慣性便秘には、弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘の3つのタイプがあります。

・弛緩性便秘・・・腸の機能低下や筋力の低下が原因で起こり、出産後の女性や高齢者に起こりやすい便
秘です。
・痙攣性便秘・・・自律神経の乱れが原因となって起こるもので、仕事や人間関係などでストレスを抱え
ている人に多く見られます。
・直腸性便秘・・・トイレなどを我慢してしまうと直腸の神経が鈍くなっていることで起こります。


機能性便秘を解消するためには腸内環境を整えることが有効だといわれているので、積極的に善玉菌を増
やしてくれる乳酸菌やビフィズス菌などを摂取するといいでしょう。


器質性便秘とは



もう一つの便秘に器質性便秘と呼ばれるものがあります。

器質性の便秘は、食生活や生活習慣の見直し、適度な運動、ストレス解消などを行うことで改善すること
が出来ません。

なぜなら、器質性便秘の場合には腸自体に解剖学的な異常があったり、腸にがんなどの病気があることに
よって起こるものなので、生活の見直しということだけでは改善することができないものです。

症状には下記のようなものが挙げられます。

1 経験したことがない痛みや違和感を感じる。
2 生活習慣などの変化に関わらず突然便秘になった。
3 形状が極端に細長いものや、厚みのない平らな便が出るようになった。
4 便だけでなく、血や粘液が出る。
5 激しい腹痛や嘔吐がある。


このタイプの便秘は、外科療法でなければどうすることもできません。

すみやかに医師の診察を受ける必要があり、非常に気をつけなければ重大な病気に繋がる要素を持ってい
る便秘と言えます。

スポンサードリンク


   Copyright(c)身体の悩み解消ガイド All Rights Reserved.