自宅で腸内洗浄 本文へジャンプ

自宅で腸内洗浄
腸内洗浄の多くは専門施設や病院で専門家にしてもらうことが安全とされています。
ですが、腸内洗浄には自宅で出来るキットも販売されています。
では、自宅でする腸内洗浄とはどのような事に気をつけたらよいのでしょうか。
このページでは自宅でする腸内洗浄や腸内洗浄の体験談について紹介しています。


自宅でする腸内洗浄



腸内洗浄は、自宅でも気軽に行うことが出来るようです。

その方法は、専用の医療機器であるコロンキットと呼ばれる機器と、洗浄液を入れるバックとホース、パイプとワンタッチ液止めクリップ、ジョイントがセットのものと、専用の洗浄用コーヒーや滅菌湯などの洗浄液と合わせて使用します。

腸内洗浄用に、洗浄用コーヒーを使用する時は、1500CCが計れる計量カップとお湯を用意して、洗浄液を作り、作った洗浄液を入れて専用バックに作った洗浄液を入れて点滴バックの要領でカーテンレールなどの180cm程度の高さにつるしって使用します。


スポンサードリンク


自宅の腸内洗浄の方法



自宅で腸内洗浄をする方法は、チューブの先まで洗浄液を満たし、チューブを肛門に挿入して洗浄液を注入していきます。

洗浄液を注入してからのポイントは、お腹のマッサージです。
深呼吸をしながら、時計回りにマッサージをして、時折お腹を押さえたり揺らしたりして、腸に刺激を与えていきます。

その後、便意が催してくるとマッサージを止めて、すぐに排泄してください。

また、腸内洗浄を行うタイミングは、食後1時間くらいは避けた方がいいようです。
それ以外の時間ならいつ行っても問題はないようです。

1日に何度も腸内洗浄を行ってしまうと、腸への負担が大きくなってしまうので2回程度にとどめておきましょう。


腸内洗浄を行った道具は、キレイに洗ってから乾かして保管しておきます。
体内に挿入して使用する器具なので、非常に衛生面を気にしていかないといけません。

腸内洗浄の器具は、だいたい1年くらいを目安に新しいものへと交換するほうがいいようです。


腸内洗浄の体験談



腸内洗浄を行った人の体験談を見てみると、本当に色々なものがあります。

中でも、腸内洗浄を行って最も感想が多かったものが、「便秘が治った」というものです。

腸内洗浄は、医療機関で行っても自宅で行っても数回行う事で便秘解消の効果はあるようです。

その他の体験談では、「前評判と実際行ってみての違いは、痛みがあったこと」「自然排便が著しく困難になってしまった」「腸内を傷つけてしまい感染病を引き起こした」なども載っていました。

腸内洗浄を行う過程で腸内に洗浄液を入れるので人により痛みの差はあると思いますが、腹痛に似た痛みもあるかもしれません。

また、腸内洗浄を何回も行ってしまうと、腸が自力で動く力が弱まってしまうので逆に便秘になってしまうこともあるようです。

その他にも、専用の洗浄液は、腸内に必要なビフィズス菌などの善玉菌を増やして、洗浄後の腸内活動を活発化させてくれますが、水道水や浄水を使うと、腸内の善玉菌まですべて洗浄してしまうので、必ず専用の洗浄水を使うことをお勧めします。


スポンサードリンク


   Copyright(c)身体の悩み解消ガイド All Rights Reserved.